全私学新聞

TOP >> 2017年6月23日号二ュース

記事2017年6月23日 2412号 (1面) 
自民党 安心して学べる教育の場を確保するPTが緊急提言
国が教員免許履歴を一元管理
将来的には国家資格化 松野文科相に要請

自由民主党政務調査会文部科学部会(部会長=亀岡偉民・衆議院議員)の下に置かれている「安心して学べる教育の場を確保するPT」(座長=前田一男・衆議院議員)は、6月15日、緊急提言を松野博一文部科学大臣に提出した。今回の提言は教師による「いじめ」や「わいせつ行為」などが見られる中にあって教師に対する信頼と尊敬が薄らいでいることから、教師の免許関係の履歴を国レベルで一元的に管理できるようにする仕組みを構築、具体的な理由を含め免許状の失効・取り上げ等に関する情報を文部科学大臣に報告する義務を課すなど教育職員免許法の改正を行い、都道府県教育委員会が採用選考に活用できる共通試験を国が責任を持って作成するとともに、大学の教員養成改革を行い、将来的には教員免許の国家資格化を目指すというもの。不祥事を起こした教員が別の県で再び教壇に立っていたといった事例もあり、そうしたことが起きないよう国がしっかり管理していく。亀岡部会長は「国関与を強めたいのではない」と話している。  緊急提言を受けた松野大臣は、「特に免許履歴の一元管理については29年度予算に組み込んで具体的なスケジュール感を持って進めていきたい。教師の質をしっかり高めることと働き方、待遇も合わせてやっていかないといけない」と語った。

記事の著作権はすべて一般社団法人全私学新聞に帰属します。
無断での記事の転載、転用を禁じます。
一般社団法人全私学新聞 〒102-0074 東京都千代田区九段南 2-4-9 第三早川屋ビル4階/TEL 03-3265-7551
Copyright(C) 一般社団法人全私学新聞