全私学新聞

TOP >> 2019年12月23日号二ュース

記事2019年12月23日 2497号 (1面) 
令和元年度補正予算案閣議決定 文部科学省
GIGAスクール構想実現 
1人1台パソコン、私学も 

政府は令和元年12月13日、令和元年度補正予算案を閣議決定した。  文部科学省関連予算は5367億円。この中には私学関係事業が4点盛り込まれている。  1点目は、「GIGAスクール構想の実現」で国公私立学校全体の予算額(初年度)2318億円のうち、119億円が私立学校分。  令和5年度までの5か年計画の同事業では、(1)希望する全ての小学校、中学校、特別支援学校、高校等における校内LANを整備、(2)小・中、特別支援学校等に電源キャビネットを整備、(3)小、中、特別支援学校等の児童生徒に1人1台の端末(パソコン、タブレット)を整備する。初年度は小学校5年生と6年生、中学1年生が対象で、私立学校としては8万5千人(台)分を積算している。  公立学校に関しては、国が提示する標準仕様書に基づく、都道府県単位を基本とした広域・大規模調達計画が立てられる予定だが、私立学校に関してはパソコン等の仕様等の決まりはなく、学校法人に対する補助割合は2分の1、補助金の上限額は4万5千円、9万円以上の端末でも構わない。補助金を活用して購入した端末は学校法人の所有となる。同計画には、公立学校を前提に「『1人1台環境』におけるICT活用計画、さらにその達成状況を踏まえた教員スキル向上などのフォローアップ計画」などの措置要件が定められているが、この要件を私立学校にも適用するかはまだ決まっていない。  リースによるPC等の整備ついては財務省との調整段階だが、補助は単年度(令和2年度)のみとなってしまう。  2点目は、私大等を含めて学校施設等の整備で、予算額は50億円。内訳は耐震化事業が44億円(耐震改築事業22億円・耐震補強事業16億円・その他耐震対策事業6億円)、私大等の装置・設備費が5億円、バリアフリー事業が1億円。  3点目は、台風19号等の大規模災害により被害を受けた学校施設等の災害復旧を迅速に行うための予算で、私立学校分は48億円。  4点目は、令和元年度の台風被害で被災した小・中学生に対するスクールバス等の通学支援や被災した大学生等の授業料減免等の支援実施で、私立学校向け予算は4億円。

記事の著作権はすべて一般社団法人全私学新聞に帰属します。
無断での記事の転載、転用を禁じます。
一般社団法人全私学新聞 〒102-0074 東京都千代田区九段南 2-4-9 第三早川屋ビル4階/TEL 03-3265-7551
Copyright(C) 一般社団法人全私学新聞